面接 対策

転職時の最終対策!面接時にはどうすればいいのでしょう?

面接に限らず、社会人として常識と言えば常識のことかもしれませんが、面接におけるルールとしてあげられるのが

 

決してウソはつかない
聞かれてもいないことをベラベラとしゃべらない
事実をうまく組み立てて、できるだけ具体的に話す

 

これらが面接のポイントととして重要といわれています。

 

転職に限らず就職においてもいえますが、書類選考を見事に通過すれば、次のステップはいよいよ面接です。

 

ここでは、面接を突破するためのノウハウについて考えていきましょう。

面接対策とは?あなたの人柄を全面にアピールしましょう!

面接対策を考えている方は多いと思います。

 

ですが、もしあなたが面接に呼ばれさえすれば、きっちりと自分を伝えることができ、相手に自分の本当の価値を理解してもらえると思っているなら・・・それはひょっとしたら面接において一番最初におかすミスになるかもしれません。

 

往々にして、面接で自分を最大限にアピールしようとすると、逆に大きなリスクを伴うことになるからです。

 

一般的に面接は、たくさんいる候補者の中から、本当に企業が求めている人物像に最も近い人を、面接官が選び出す作業です。

 

ですから送られてきた履歴書や職務経歴書など応募書類の内容が、本当にきちんと書かれているのかどうかを確認することが、面接の本来の目的となります。

 

そしてその次に、あなたの人としての魅力や可能性を見ることになります。ほとんどの面接官にとって、クセの強い人は、敬遠したくなる存在であると言われています。

 

アピールする力が強ければ強いほど、あなたは、非常にクセがある人物だと思われてしまいます。その強烈な個性やクセのために、将来何か問題が起こったとしたら、そんな人物を誰が推薦したのだということになりかねません。

 

もちろん、そうした強力なアピールが功を奏する場合もありますがこういった時というのはクセのある人物を推薦する責任を取れるような高いポストにある面接官にたまたま巡り会い、しかも、その人があなたをとても気に入ってくれた場合に限られます。

 

むしろ自分はこんなにすごいということを表現するよりも、本当に自分の経験やスキルをきっちりと説明でき、しかも、コミュニケーションスキルがあり、人間としても何ら問題がないということをアピールするのが一番自然な面接のポイントだとある面接官の方にお話を聞きました。

 

本当に企業が必要としている人材は何なのかを考えて、面接に向かった方が良い結果をもたらしてくれると思います。自分が自分が、と我をアピールするのは、得策だとは思えません。

面接時の最終質問は?

面接時で一番困ってしまうと言う質問が多いのが、

 

最後になにか我が社に対して質問はありますか?

 

というものだそうです。確かにコレは難しい質問ですよね。質問してもしなくても角が立つような気がします。

 

もしあなたが本当に何か聞きたいことがあるのならば、しっかりと聞いておいた方が良いです。既婚の女性ならばやはり育児の時の対応については聞いておきたいところですし、未婚の女性ならば結婚してからも勤めることが出来るのか、ということも大事ですよね。

 

ですが、男性ならばあまり無理して質問を考えることはしなくても良いと思います。特に給与や休日、待遇などについては、本当に聞いておきたいところですが、必ず一通りの説明は受けているはずです。

 

なので、「質問はありません。ぜひ貴社にて働かせてください!」という気持ちを出した方が面接官にも良い印象を与えると思います。