保険基礎知識

保険について。転職先の保険種別も知っておこう!

保険の問題も転職の際には非常に重要です。

 

転職求人では、社会保険制度に関する表記のあるところも多いです。 社会保険完備・厚生年金 ・健康保険 ・雇用保険 ・労災保険などなど、社会人が生活するための大事な要素としてこれらの保険があります。

 

ですが、社会保険制度に関してなんの表記もない求人広告もあります。 この社会保険に関する表記事項をどの程度重要視すべきかよくわからない人も多いと思います。

 

転職求人広告といっても、その企業の求人内容、会社の待遇など全てを表記しているとも限りませんし、中には、会社内容などが間違って表記されている場合もあります。なので、社会保険に関する表記もそれほど神経質になることではないと考えられますね。

 

ですが、実際に入社してから確認していたのでは本末転倒です。きちんと入社前の事前の確認も必要です。

 

やはり社会保険などの会社の保険について、どうしても心配であれば、直接転職先企業に問い合わせてみたり、面接時にきちんと確認するのが正解です。

 

ただ、社会保険やそのほかの保険の基礎知識もなしに転職先会社に問い合わせても、結局よくわからない場合が多いのも事実です。また、勤務時間や待遇の関係で社会保険の対象にならない場合もあることを覚えておきましょう。

 

簡単な社会保険に関する基礎知識を述べますが、社会人のわきまえとして、自分自身でも検索して知識を高めるのも良いと思います。

社会保険の基礎知識

厚生年金と健康保険について。

 

まず、基本中の基本として、労働時間・労働期間が短すぎると、加入条件を満たせません。 月の労働時間、労働日数が、正社員の75%以上かつ、2ヶ月以上雇用される予定であること
がその基準です。

 

また、その場合、会社が社会保険の適用を受けていれば強制加入、受けていなければ条件を満たしていても加入できません。 通常、法人であれば社会保険の適用を受ける義務があります。

 

また、個人事業主でも、従業員(アルバイトでも)が常時5人以上で、なおかつ、特定の事業内容でない場合は、こちらも受ける義務があります。 それ以外は会社の都合次第になります。

労働保険の基礎知識

雇用保険と労災保険について。

 

基準としては1週間20時間以上、1年間以上同じ雇い主の下で働くかどうかです。 YESなら両方とも加入対象、NOなら労災保険のみ加入対象となります。

 

しかし、いずれの場合にも勤務先には特定業種を除いて加入の義務がないので、加入している場合のみ勤務先が手続きを行うことになります。また、会社によっては、独自の保険を組んでいる場合もあります。

 

こういった会社独自の生命保険や損害保険は、非常にお得な利率になっている場合が多いです。

 

転職先の会社にきちんと確認して、お得な保険の方に絞って加入したほうが、家計にも優しい保険といえますね。